Pinterest Twitter Youtube Facebook Facebook Alt Instagram Mail RS Close Arrow Right Small Arrow Right Small Arrow Left Arrow Left Carret down Carret Left Carret Right Search Burger color Star Store Pin Marker Pencil Pastel

Please rotate your device

Little Madi, little not so little

26.09.2021

「リトル・マディ」は他のどのアーティストとも一線を画しています。コラリー&スパキッチ夫妻の分野に取り組むイラストレーターである彼女は、鋭い観察眼を有しあっという間に技術を習得します。素材としては磁器を好み、主に動物の白黒画を描いています。
現在はパリのエレメント店で展覧会をしていると聞きました。彼女はそのクリエイティブな生活の中で、冬の資源を有効に活用しています。

様々な場所に旅をしていますが、それによって何が得られましたか?


ある程度自由な時間が持てるので、一歩離れたところから自分の作品とアーティストとしての立ち位置を眺めることができます。それはまた物事を整理し、自分が愛するもの、楽しめるものを考え直し、自分のやり方を再考する時間にもなります。つまり旅をすることで、自分の内面を見つめ、他の技法ややり方を見つける時間が得られます。ニューヨークにいると、都会での生活のスピードやリズム、様々な可能性、そして自由を楽しめるので、「自分には何でもできる」と感じることができます。それは心地よいものです。

ブリュッセルには一風変わった暮らし方や自由があります。空白のページがあれば、何でも書き込むことができます。フランスでは、機械的に分類されているような感じで、自分に合った場所をなかなか見つけることができませんでしたが、ラカンブルのオープンハウスに行ったとき、とても幸せな気持ちになりました。そこでは全員に機会が与えられ、自分だけのスタイルを試行錯誤しながら見つけることができます。自分を表現できるのです。

ラカンブルのことをもう少し詳しく教えてください。

ラカンブルは視覚芸術を学べる場所です。自分で絵を描き、描いたものを見直し、既に学んだセクションを振り返ることができます。またデザインや装丁も学ぶことができます。つまり職人技の基礎を学べる場所なのです。

アーティストとしてのあなたの生き方は?

とてもうまくやっていると思います(笑い)。複雑な面もありますが、情熱を持って取り組んでいます。年中無休の仕事ですから、時には疲れることもあります。いつも作品のことばかり考えていて、次々と疑問が湧いてきたりもします…。でも、とてもエキサイティングです!

個人的な制作活動と受注制作の両方を、どうやってこなしているのですか?

ボルコム社とニキータ社から仕事を受けています。どちらも信頼されているブランドです。私の仕事に期待してくれています。私には書類鞄のようなものはありませんから、自分から提案し、妥協点を見出せるようにしています。そのため苛立ちを感じることはありません。自分自身を表現できるのは幸運なことです。完成した作品は自分の分身のようなものです。磁器の制作はそれとは全く別です。典型的なコレクションのようなものはなく、独自にそれに取り組んでいます。
クライアントが1人いて、私の仕事を見守っています。描画のように自由に描けるものではないのです。

磁器を素材とするようになった経緯は?

パリにあるグラフィックアート会社のワークショップに参加したのがきっかけでした。そこでたくさんのことを学びました。でもその時はそれほど楽しいとは思いませんでした。もっとやってみたい、とは思えなかったのですが、ともかく帰宅後にいろいろ描いてみました。そしてある夜から、浅皿に描くようになりました。
そのうちに、インクをしっかり定着させる方法を学びたくなりました。ある時リモージュ磁器に描いてみて、たちまちこの素材に魅了されました。気品があり、優しさと繊細さを兼ね備えた、まさに卓上の芸術品です。強くそれに魅かれました。今はロットリングで墨を使って描いています。とてもうまく描けます。

あなたの作品にはフランス人のアイディンティが感じられます。

そうですね。多かれ少なかれ、私はそれを保とうとしています。常に理性的でいたいのです。

「理性的でいたい」とは、どういうことですか?

例えば、中国に行って茶碗を500個作る、といったことに全く興味ありません。まず紙に下絵を描き、それを磁器に描いていくのが好きなのです。私は焼成も自分でしています。最初から最後まで、全て自分の手でやりたいのです。
磁器に描くときは細かい下絵をいくつも作成します。当初の下絵と完成した陶磁器の絵は同じではありません。素材に合わせて描き方を微調整するからです。

コラリー&スパキッチの工房にも携わっていますね…

それはまさに私の夢でした!特にコラリーの作品はよく知っていました。その工房はニューヨークにあったのですが、そこを訪ね、話をしているうちに、仕事の仕方について即座に意見が一致しました。2人のリズムに合わせた生活は緊張を強いられましたが、実にエキサイティングな毎日でした。彼らはフレスコ画や服飾など、幾つものプロジェクトを常時抱えていました。それはとても充実した日々でしたが、いつしか別のことを考えるようになり、ここから出なくては、と思い始めまました。今でも彼らとはよく会っています。そして励ましてもらっています。彼らは私にインスピレーションを与えてくれます。2人ともものすごいエネルギーと情熱を抱いているのが伝わってきます。そしてやりたいと思うことに果敢に挑んでいます。
スパキッチはタトゥーを始めたのですが、とても気に入ったようで、腕を上げています。彼独特の線が表現されていて、とてもエキセントリックです。

あなたもタトゥーを?

学んでいるところです。なかなかうまくいきませんが、実験台になってくれる忠義な友人がいて、肌を貸してくれるのです!

ファフィ&コラリーと協力していますね。イラストレーションに関して女性としての結束のようなものがありますか?

実はそうなのです。フェミニズムのストリートアートはフランスが発祥の地で、コラリーは私にとって姉のような存在です。ファフィにはアムステルダムのグローシュの壁で出会い、すぐに意気投合しました。壁の作業をする上で知っておくべきことがあるのですが、作業のやり方をすぐ私に説明してくれました。コラリーは15年前にファフィが声をかけ、それから2人は一緒に多くのプロジェクトを手掛けています。

ソーシャルメディアは使っていますか?それはアーティストにとって不可欠なものですよね?

あまり好きではありませんが、活用しています。特にインスタグラムは使い勝手のよい媒体で、作品のフォローワーからフィードバックを得たり、やり取りしたりするのにとても便利です。私はそれを楽しんでいます。すぐに自分を見つけてもらえる点もよいですね。

最後に、動物に特別の思い入れがあるのですか?

つまらないことですが、髪や羽根の触感を描くのが好きなのです(笑い)。それは感動を与えてくれます。ロットリングのおかげで、自分が本当に描きたいものが見つかりました。とても繊細で緻密なので、骨組みや細部に集中することができます。何度も描きたくなります…。今はライオンとトラを描いています。

VIMEO : https://vimeo.com/117510009
INSTAGRAM : https://www.instagram.com/little__madi/?hl=fr

さらに記事をさがす